即独

即独したいと考えている方へ

どの弁護士事務所も受けずに即独を考えている司法修習生の方はめずらしいです。
また、弁護士業界では即独しても食べていけないというのが今までの常識です。
しかし今の弁護士業界の競争状況とインターネット社会の現状を考えると、即独して初年度から1千万円超の収入を得ることも可能です

なぜそれが可能かというと、今の弁護士業界は競争を意識して営業活動している弁護士が少ないからです。
しかもインターネットの活用が極めて少なく、 インターネットマーケティングをしている弁護士が少なく、即独し必死でインターネットマーケティングを行えば競争に勝てる環境にあります。

テレビCMをしている過払い請求で伸びた弁護士事務所を見てください。みんな若手の弁護士です。

つまり、競争とは程遠い弁護士の先生が多い弁護士業界で、競争を意識した意識の少し違う若手の弁護士の先生は伸びることが可能な状況にあります。

司法修習生のころからブログを作り、インターネットマーケティングの準備をしていた即独の弁護士が成功していることは弁護士業界で有名です。

ですから司法修習生の時から即独のためにインターネットマーケティングの手法を学び実践すれば、リスクを最小限に即独し成功を収めることも可能です。

就職できない時のために即独の準備をしたいと考えている司法修習生の方へ

即独ではなく、最初はやはりどこかの法律事務所に勤めたい。と考えている司法修習生が多いのも理解できます。
その気持ちは十分わかります。即独はリスクが高く感じられ、誰でも安定した環境を望むものです。

しかし、弁護士を取り囲む環境は年々厳しさを増し、司法修習生の就職が困難になってきています。

ノキ弁でもいいから法律事務所に置いてくれ、という状況にあります。

万が一、就職できない時のために司法修習生も即独の準備をしておくことは重要なことでしょう。
就職できずに即独しなければならない状況になってしまった時にあわてないためにも、競争社会を生き残るための即独できる「弁護士マーケティング」の手法を学んでおくのも良いかと思います。

即独できる「弁護士マーケティング」の手法は、競争を意識した手法です。
ですから、競争社会で生き残るためには必要不可欠な知識だと思います。

また仮に即独せずに法律事務所に就職できたとしても、イソ弁時代に即独できる「弁護士マーケティング」の手法を実践しておけば、 いつボス弁から「そろそろ独立した方が××君のためだよ。」と、やんわり肩たたきあっても安心です。

若手の弁護士が安く採用できるので、ノキ弁もうかうか出来ない状況です。
また債務整理で膨張した法律事務所は徐々に弁護士の数を減らしつつあります。

弁護士業界は思っているほど生易しい業界ではありません。

そのような厳しい弁護士業界の中で、弁護士の先生の一番の問題は、競争の意識・競争の準備ができていないところで、 競争の現場に突然出されることではないでしょうか。

即独できる「弁護士マーケティング」の手法で、競争社会で生き残るスキルを身につけてください。

「弁護士マーケティング」があなたに向いている理由

弁護士になろうとしている司法修習生で営業が得意な方はいませんよね。
中にはやけに社交的で弁護士になったらバリバリ営業して稼いでやる、という方もいるかもしれませんが、多くの弁護士の先生は営業が苦手です。

いくら競争社会で営業しなければ生き残れないといわれても、営業の手紙を昔の同級生や知り合いに出しまくったりはできませんよね。
ましてや、営業の電話なんか怖くてできません。
経営者の会合などに参加しても、関係が広がらない、どうもうまくいかない、ということも結構あります。

「30秒で相手の懐に入り込む方法」とかの営業ノウハウもインターネットでは売っていますが、そもそも性格の問題もあり、うまくいきません。

論理的に考えても、性格というのはなかなか変えられるものではありません。 そんなに簡単に社交的にはなれないです。簡単に社交的になれたら苦労ないです。

私も同じです。社交的でなく営業が苦手です。正直、コンサルタントとして独立し10年以上になりますが、営業は今でも苦手です。
いろいろな営業の本やセミナーで勉強しましたが、なかなかこの性格は変えられませんでした。

しかし営業し売上を上げなければ食べていけません。
ですから私は、苦手な営業はせずに、必死でインターネットマーケティングを活用し、お客様を探し、そうして10年以上やっていっています。

あなたも同じだと思います。あなたは自分の性格を無理やり変えなければならないような苦手な営業はしなくていいです。

ストレスを抱えて苦手な営業をしても時間の無駄です。もっとほかのことに時間を有効活用しましょう。

無理に明るく振舞わなければならないような苦手な営業はしなくてもよいです。

しかし、マーケティングはやらないとだめです。
営業もマーケティングもやらないのはだめです。
営業もマーケティングもやらないのでは、それこそお客さんが来ません。

マーケティングとは、
弁護士を必要としている人(お客さま)に、あなたの必要としている弁護士はここにいるんですよ。 と教えてあげて、お問い合わせさせることです。

お客さまからお問い合わせをさせるところがマーケティングのポイントです。

あなたから売り込みに行く営業とは大きく異なります。

あなたから売り込みに行ったら、あなたはお願いします、と頭を下げなければなりません。

可哀そうだから、一ヶ月くらい顧問契約してあげるか。となります。口には出しませんが、 頭を下げてお願いに来る人に対する経営者の腹のうちなんかそんなもんです。悔しいですよね。

本来、等価交換であるはずの弁護サービスと弁護顧問報酬の交換のはずが、仕事を出す側、受ける側という上下関係ができてしまいます。

マーケティングでお客様から手を挙げてもらえば、お客さまがお願いに来るのですから、対等な関係を築けます。

別に無理して明るく振舞わなくてもよく、素直に弁護士らしい専門家として振舞えばよい、 そのような関係を築けるのが即独立できる「弁護士マーケティング」の手法です。

「弁護士マーケティング」の手法は、無料メールマガジンで配信しています

下記の無料メールマガジンでは、即独立できる「弁護士マーケティング」の手法をステップ・バイ・ステップで教えています。

無料ですのでもちろん費用はかかりません。ゼロ円です。

ただ無料ですからちょっとした広告が入ることがありますが、それは読み飛ばしていただいて結構です。

司法修習生が即独立できる「弁護士マーケティング」の手法を知りたい方は、無料メールマガジンに登録してください。

名前を入力していただく必要はありません。メールアドレスのみで結構です。
メールアドレスのみ入力して下さい。

登録された方には、即独立できる「弁護士マーケティング」の手法をお送りします。

送られてくるメールに従い、ステップ・バイ・ステップで即独立できる「弁護士マーケティング」の手法をマスターしてください。

無料メールマガジンの登録方法は、たった2ステップです。
ステップ1.下記のメールアドレス入力欄にメールアドレスを入力してください。
ステップ2.「無料メールマガジン登録」のボタンをクリックしてください。

たったこれだけのステップで、即独立できる「弁護士マーケティング」の手法が送られてきます。
今すぐ無料メールマガジンに登録し、即独立できる「弁護士マーケティング」の手法を実践してみてください。

メールアドレス入力欄

ご相談はこちらから

ご相談はこちらからお願いします。

ホームページを作るにはいくらくらいかかるのか。といった簡単な質問から、ホームページは何ページ作る必要があるかといった細かな質問まで、とにかく疑問に思ったら、ご相談ください。

いただいたメールにはできるだけ迅速に返信させていただきますが、業務の兼ね合いで返信が遅れることもございますので、ご了承願います。