即独

司法修習生が即独立することは可能なのか?

即独立し弁護士会に登録し、初年度から一千万円以上の収入を得ることは、はたして本当に可能なのか?

はい、可能です。即独立して初年度から数千万円の収入を得ている弁護士がいます。

なぜそれが可能かというと、今の弁護士業界は競争を意識した弁護士があまりいないからです。若手の弁護士が必死でマーケティングを行えば競争に勝てる環境にあります。

テレビCMをしている過払い請求で伸びた弁護士事務所を見てください。みんな若手の弁護士です。

過払いバブルはもう終焉を迎えつつありますが、もしあなたがもう数年早く弁護士になっていたら、そして少し他の弁護士よりもマーケティングマインドを持っていたら、 あなたは簡単に稼げる弁護士になっていたかもしれません。

つまり、それだけ競争とは程遠い、マーケティングマインドのない弁護士の先生が多いのです。競争を意識した意識の少し違う若手の弁護士の先生は伸びることが可能な状況にあります。

即独立すれば誰にも邪魔されず、自分の力を発揮できるのです。

諸先輩方の意見は正しいか?

「法律事務所での実務経験もないのに即独立するとはけしからん。」
こんな見解を持っている弁護士が多いのも事実です。

実務経験がないのにお客さまの相談にきちんと対応できるか。弁護士の質を落とすのではないか。数年は弁護士事務所に勤めて経験を積んでから独立すべきだ。という理由のようです。

ならばそのような意見の法律事務所はどんどん就職を引き受けるべきです。

けしからん、といっている一方で、年収200万円などとわけのわからない条件も存在します。
弁護士で年収200万円なんてないです。足元見すぎです。

ただ現実は厳しく、イソ弁の年収は事務所の大きさにもよりますが、年収500万円でましな方と思っていて間違いないでしょう。それだけ現実は厳しいんです。

しかし、競争したことない先輩ばかりなので、「弁護士Webマーケティング」の手法を身につければ、競争に勝てる確率が高いのも事実です。

即独立して一千万円以上の年収を得る方法

あなたが仮に「弁護士マーケティング」の手法を身につけ、1日2時間「弁護士マーケティング」の手法を実践すれば、3ヵ月後には成果が出てくるでしょう。

そして3ヵ月後から徐々に相談の電話がかかってくるようになり、年収一千万円以上の基盤を作ってくれるでしょう。

ですから独立する3ヵ月前からは準備をしておく必要があります。
本来は、司法修習生の時からホームページを作って(このときはあくまで個人的なホームページやブログです)、将来の準備をしておくとよいでしょう。

その後は、毎日1時間程度「弁護士マーケティング」の手法を実践すれば、現状の競争状況であればその基盤を維持し続けられるでしょう。

そして収入が増えてきたら「弁護士マーケティング」の担当者を採用し、毎日5時間「弁護士マーケティング」の手法を実践すれば、その基盤は盤石になります。

これはインターネットビジネスと似ていて、早くやった者が最も有利なポジションにつけます。
できるだけ早く「弁護士Webマーケティング」の手法を身につけ、1日2時間「弁護士マーケティング」の手法を実践してください。

「弁護士マーケティング」の手法は、無料メールマガジンで配信しています

下記の無料メールマガジンでは、「弁護士マーケティング」の手法をステップ・バイ・ステップで教えています。

無料ですのでもちろん費用はかかりません。ゼロ円です。

ただ無料ですからちょっとした広告が入ることがありますが、それは読み飛ばしていただいて結構です。

司法修習生の即独立のための「弁護士マーケティング」の手法を知りたい方は、無料メールマガジンに登録してください。

名前を入力していただく必要はありません。メールアドレスのみで結構です。
メールアドレスのみ入力して下さい。

登録された方には、「弁護士マーケティング」の手法をお送りします。

送られてくるメールに従い、ステップ・バイ・ステップで「弁護士マーケティング」の手法をマスターしてください。

無料メールマガジンの登録方法は、たった2ステップです。
ステップ1.下記のメールアドレス入力欄にメールアドレスを入力してください。
ステップ2.「弁護士マーケティング無料メールマガジン登録」のボタンをクリックしてください。

たったこれだけのステップで、「弁護士マーケティング」の手法が送られてきます。
今すぐ無料メールマガジンに登録し、「弁護士マーケティング」の手法を実践してみてください。

メールアドレス入力欄

ご相談はこちらから

ご相談はこちらからお願いします。

ホームページを作るにはいくらくらいかかるのか。といった簡単な質問から、ホームページは何ページ作る必要があるかといった細かな質問まで、とにかく疑問に思ったら、ご相談ください。

いただいたメールにはできるだけ迅速に返信させていただきますが、業務の兼ね合いで返信が遅れることもございますので、ご了承願います。